男・女(障害者用含む)別型トイレ

画像

ちょっとまえのトイレでは、女子用が「障害者用」を兼務していることが多々見られた。それほど障害者用の利用者が少なかったのだろうか。公園自体のユニバーサルデザイン化も遅れていて、障害者が公園に行きたくとも行けなかったのが事実だろう。それがユニバーサルデザイン化も一部で進み、いろいろな人々が公園に来られるようになり、公園トイレに対する要望も多くなり、それに伴って「誰でも用」タイプのトイレが提供されるようになった。

この記事へのコメント